働く環境

みんなが見違えるほど育つ!その仕組みは、売場にある。
青果、精肉、鮮魚、惣菜、加工品。これは、スーパーではよくある部門構成だと思います。ところが、スーパーみらべるではこの部門ごとに裁量があり、自分たちで仕入れて自分たちで値段をつけて売っています。ここが、大型店舗や一般的なチェーン店との大きな違い。また、社員数が全体の約30%(195人)と非常に多いところも特徴です。その地域性やお客様からの声(商品リクエストなど)に対して、すぐに現場で判断して問屋に発注したり、売場を改善することができる。この体制により、上からの指示を待つのではなく自分たちで行動を起こすことが当たり前になるため、社会人としても、商人としても、中身の濃い成長を遂げることができます。

一緒に働くメンバー

学生時代にスーパーで働いていた人もいれば、大学では全く違う分野を先行していた人まで、入社当時はみんな学歴も経歴もバラバラでした。でも、店舗に配属されてからは「商人」として、めきめきと頭角を現しています。“色々なことを任せてもらえる”というやりがいはもちろんですが、既存店にいる店長や先輩たちは、経営視点や交渉術などを持つ人ばかり。尊敬する存在や背中で見せてくれる存在が沢山います。ひとつひとつ丁寧に教えてもらえる環境で、新入社員にとってとても心強く感じるはずです。

自分が買い付けた果物が売れたら、
心の中でガッツポーズ!

私の1日は市場に出かけるところから始まります。
実際に自分の目や舌で品質や味を確かめながら、青果部門(売場)に並べる野菜や果物を買い付けています。
お店の「顔」となる青果コーナーの陳列や、果物のカラーバリエーションを考えながらの売場づくりは一層気合も入ります。 
市場での買い付けはとても奥が深く、最初から簡単には出来ません。
先輩に教えてもらい徐々にコツをつかんで、ひとり立ちまで半年~1年程かかりますが、自分が市場で吟味した商品が売れた時は、達成感と喜びで心の中でガッツポーズしちゃいます!
こればっかりは実際に経験しないと分かりません!
例えば「みかん」は品種も沢山ですが、私が選んだ“熊本のみかん”を買ったお客様が「この前買ったみかん美味しかったよ~」と、また購入いただけた時は嬉しさが込み上げてきます。

中をのぞいてみたくなる、
独特の雰囲気と従業員の笑顔。

正直、この求人を見つけるまで、「スーパーみらべる」について全く知りませんでした。
ただ、ホームページにもある企業理念や経営スタイルに興味を持ち、応募しました。
面接前に実際にどんな店舗なのかはこの目で確認したかったということもあり、店舗見学に行きました。
そこには、店の外に広告の品らしき特売の野菜や果物がキレイに並び、まるで古き良き八百屋さんのような光景が広がっており、
お客さんと従業員が楽しく会話しながら、品定めをしている姿がありました。
「一体、中はどうなっているんだろう」そんな風に興味をそそられたのも覚えています。
この他にはない独特の雰囲気を感じ取った時、「ここで働きたい!」という確信に近い想いが芽生えました。

福利厚生

・慶弔休暇
・慶弔見舞金
・研修制度
・社宅
・産休
・育児休暇制度
・交通費支給(上限 月/30,000円)
・社会保険(健康・厚生年金・雇用・労災)

研修制度

・新入社員:入社後にビジネスマナー
・流通業に関わる職務のeーラーニング実施